岐阜県森林公社 木曽三川水源造成公社

契約者の方へ

HOME > 契約者の方へ > よくある質問

よくある質問

引越しをした場合の届出はどうしたらよいでしょうか。
森林公社へ連絡いただくか、届け出用紙をダウンロードして必要事項をご記入いただき、添付書類と共にお届け願います。詳しくはコチラ
相続した場合や、譲渡した場合の届出はどうしたらよいでしょうか。
森林公社へ連絡いただくか、目的の届け出用紙をダウンロードして必要事項をご記入いただき、添付書類と共にお届け願います。詳しくはコチラ
今の材木の価格はいくらですか?
材木の価格は毎月変動しています。詳しくはコチラ
長伐期施業とはどういう施業ですか。
地球温暖化防止や森林の公益的機能を維持させるために、一斉に造林木を伐採するのではなく、少しずつ抜き切りをしていくことにより、その空間に天然更新により広葉樹の進入と育成を促して下層植生を保護しながら針広混交林として維持するという施業方法です。
長伐期施業は、これまで40年から50年で行っていた主伐を80年以上に延ばすことで、主伐による収穫時期は遅れますが、間伐を行うことによって木が太くなり材積が多くなります。
なぜ、分収造林契約の契約期間及び地上権を100年に変更するのですか。
当初の契約期間は、地域によって異なりますが、樹木の伐採(主伐)を45年生~50年生と決め、それに合わせ地上権を50年~60年間設定していました。
公社造林地も長伐期施業に転換することで、植栽樹木を伐採したあとも天然更新した広葉樹等により公益的機能を発揮する森林づくりを目指します。
そのために、契約期間を延長し、地上権の存続期間を当初設定時から100年に変更します。
長期間の契約により森林の管理、境界の確保等が保たれます。
家族ぐるみの森林について今後の保育作業についてどのような作業が必要ですか。
場所により生育状況が違ってきていますので、状況を確認したうえで施業のお知らせをします。
作業の種類によっては危険がともなったり道具が必要となりますので、専門の人に依頼する方法もあります。
家族ぐるみの森林について伐採も各自が行うのですか。
搬出の仕方により収入に影響してくるので、他のオーナーとタイミングを図りながら計画することとなります。また、持続的な森林を保つために一度にすべて伐採することなく何回かに分けての伐採を予定しています。
さらに、現在木材価格が低迷しているため、伐採収入を計画どおり得ることは困難な状況なため、現在の契約期間を延長することも視野に入れて今後の計画を調整する必要があります。
作業道の開設にはお金がかかりますか?
契約者の方の負担はありません。
伐採した間伐材を市場で売る場合は、作業道を利用した集材や運搬が必要です。
作業道を開設する際は、契約者の方に説明して「作業道開設について」ご承諾を頂くことになります。ご協力をお願いします。
 
Copyright © 2010 岐阜県森林公社 All Rights Reserved.